【菊花賞】Gチャレ結果②

秋のGチャレ第2戦 【菊花賞】


まずは皆さんの予想と結果から

むーたんさん
◎フレールジャック/10着
○オルフェーヴル/優勝/複勝110/11200p
▲ショウナンマイティ/8着

はるぱぱさん
◎オルフェーヴル/優勝/単勝140複勝110馬単400馬連330/11200p
○ウインバリアシオン/2着/複勝140ワイド170/4500p
▲フレールジャック/10着

ぼんちゃん
◎オルフェーヴル/優勝/単勝140複勝110/11200p
○トーセンラー/3着/複勝230ワイド320/2800p
▲ダノンマックイン/15着

ふじさん
◎フェイトフルウォー/7着
○オルフェーヴル/優勝/複勝110/11200p
▲ダノンマックイン/15着



続きまして各部門の優勝者の発表です

<勝ち馬部門>
はるぱぱさん・オルフェーヴル的中
ぼんちゃん・・・オルフェーヴル的中

<配当部門>
はるぱぱさん・・1290p

<賞金部門>
はるぱぱさん・・・・・15,700p


よって、はるぱぱさんの3冠での優勝おめでとうございます


◆戦いを終えて◆
実はまだ しっかり見ていない菊花賞
どの馬も未知の距離、雨の影響はあるのか? 3冠達成なるか?
荒れるのか、固く収まるのか、全く予想がつきませんでした。
当日もTVを観れる環境ではなかったので、結果だけ知ったわけで…
 おっ、ぼんちゃんと はるぱぱさんが勝ち馬的中!
しかもはるぱぱさんは2着馬も当てて、お見事、こちらも3冠で菊花賞制覇!
おめでとうございます
終わってみればダービー1・2着馬そしてその2頭をきさらぎ賞で負かした
トーセンラーとの固い決着。
キャロットから出走したお仲間さんの出資馬でもあるフレールジャックは10着
距離が長すぎたのかもしれません。
それにしても毎週のようにGⅠに出てくるキャロット、そしてお仲間さん達、恐るべしです(笑)


(日刊スポーツより)
 史上7頭目の3冠馬が誕生した。単勝1・4倍と断然の1番人気に支持されたオルフェーヴル(牡、池江)が、直線で堂々と先頭に立つと最後は手綱を押さえる余裕を見せて圧勝。2着ウインバリアシオンに2馬身半差をつけた。池添謙一騎手は「ホッとしました」と第一声。「プレッシャーがかかっていたし、負けられないと思っていた。返し馬のリズムもよくて完璧だと。後ろの馬に差されることは考えられなかったので、前を射程圏に入れて最終コーナーへ。自信を持って乗りました」と笑顔を見せた。残り100メートルではターフビジョンに目をやる余裕さえあった。3着にはトーセンラーが入った。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

はるぱぱ
2011年10月25日 11:36
こんにちは^^

オルフェーヴル、強かったですね!?

いやーいいレースでした♪

穴党には、いやなレースですが^^;
ふじさん
2011年10月25日 18:44
はるぱぱさん こんばんは☆

菊花賞は近年荒れていましたし、今年は長距離血統と思われる有力馬も見当たらず、難しいと思っていましたが
蓋を開けてみれば、上位の実力は抜けており、人気馬で決まってしまいましたねー
オルフェーヴルの3冠達成とで締まったレースで良かったですが、ホント、穴党としては儲けそこなったでしょう(笑)
とはいえ、予想的には、バッチリで優勝おめでとうございます
これで菊花賞のタイトル獲得ですね