【朝日杯FS】Gチャレ結果⑨

秋のGチャレ第9戦 【朝日杯FS】


まずは皆さんの予想と結果から

はるぱぱさん
◎アルフレード/優勝/単勝310複勝160/7000p
○クラレント/7着
▲スノードン/12着

ぼんちゃん
◎レオアクティブ/3着/複勝390ワイド2680/1800p
○クラレント/7着
▲マイネルロブスト/2着/複勝270/2800p

むーたんさん
◎クラレント/7着
○アルフレード/優勝/複勝160/7000p
▲ダローネガ/5着/0/700p

ふじさん
◎ショウナンラムジ/11着
○アルフレード/優勝/複勝160/7000p
▲ローレルブレット/9着


1着…アルフレード/ウィリアムズ
2着…マイネルロブスト/蛯名
3着…レオアクティブ/横山典



続きまして各部門の優勝者の発表です(※敬称略)

<勝ち馬部門>
アルフレード…はるぱぱさん

<配当部門>
ぼんちゃん…3340p

<賞金部門>
むーたんさん…7700p


よって、3名が1冠ずつで、優勝該当なしとなりました♪


◆戦いを終えて◆
3年前のフィフスペトル、昨年のリアルインパクトと、キャロットとしても悲願の2歳牡馬GⅠ優勝となりましたが、
それにしても2馬身差をつける圧勝といっていいでしょう♪
手塚厩舎といえば、初めてキャロットでお世話になった厩舎でしたが、
あらためて追加出資しようという気までは至りませんでした…

さて、今回は4名の参加でしたが、勝ち馬的中、配当での勝利、賞金での勝利が
それぞれ別々となり、印が分散したことから、完全勝利がなかった為
優勝者はなしとなりました。
今シーズンの初勝利が欲しかった むーたん厩舎にとっては残念な結果となりましたね。
さあ来週は、いよいよオーラス、有馬記念でお会いしましょう♪



(サンスポより)
クレイグ・ウィリアムズ騎手騎乗の1番人気アルフレード(牡2歳、美浦・手塚貴久厩舎)が2馬身差の完勝。無傷の3連勝で2歳王者に輝いた。勝ちタイム1分33秒4(良)。
 2着には直線でしぶとく食い下がった4番人気マイネルロブスト、3着には後方2番手から追い込んだ8番人気レオアクティブが入り、2番人気クラレントは出遅れが響いて7着、3番人気ダローネガは5着に敗れた。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぼんちゃん
2011年12月19日 00:48
ふじさん、こんばんは☆
今回は皆さん引き分けですか。
アルフレード強かったですね、たぶん勝つかと思っていましたが、流石に気持ち的に選べずじまいでした
マイネルロブストだけは自信をもってくるって予想はしていたんですけどね。

今回は愛馬がGⅠに出ても最初から負け戦で、盛り上がるタイミングも機会もありませんでした。
共通出資お仲間さんも一人もいないし・・・
今後はクラシック目指さずに細々頑張ってもらいたいのですが、クラブ馬だけにそうはいかないんでしょうね、なんだかなぁ・・・
いつまでたっても、この時期に無理させる理由がイマイチ私にはわかりませーん
ふじさん
2011年12月19日 08:34
ぼんちゃん こんにちは☆
今回は混戦で初の引き分けでした…
たしかに、ぼんちゃん的にはアルフレード本命でダローネガを外すというのは、心情的に難しいですもんね
2着ロブスト的中だけでも金星に値しますよぉ

あらら、出資馬的にはもっと盛り上がっているかと思いましたが、冷静でしたねぇ
これは競馬界全体の課題かもしれませんが、2歳牡馬のGⅠはクラシックも見据え、中山2000に、ラジオNIKKEIを阪神マイルに変更する時期かもしれません…

ダローネガくんの適性距離も1800~2000のがベストでしょうし、クラブだから他の出資者さんがGⅠに出したいという意向もあるでしょうし、難しいですね
それでも大外16番でも大敗しないダローネガくんは、やっぱ力あるなと再認識でございます
はるぱぱ
2011年12月19日 08:59
こんにちは^^

またまたキャロからG1馬がでましたね♪
朝日杯は、サンデーや社台の馬がいないので、グループとしては確実に勝ちたかったのでは?なんて考えていました。

最終有馬は、きっちり当てたいですね♪

ふじさん
2011年12月19日 10:14
はるぱぱさん こんにちは☆

今年はキャロット絶好調で年間100勝、そしてGⅠ3つ
素晴らしい成績ですが、なかなか恩恵に与れないのが、もどかしいですね
そういえば、朝日杯は社台・サンデー出てませんでしたかぁ
ディープ仔もゼロだったと思いますが、近年益々、将来を見据えてラジオNIKKEIに向かう傾向が強いですね
全体的に小粒だった印象も否めませんし、生産者としても、クラブとしても欲しいタイトル、賞金だったでしょう

有馬はどれも有力で今回とは違った意味で悩みそうですが、当てて、1年を締めくくりたいですね