クラブ特色を考える3




それほど役には立たないけれど、調べてみたら、
ちょっとは面白いかもしれないクラブの特色シリーズ第3弾!!!


まずは昨年のリーディング馬主(クラブ)上位15です

1 サンデーレーシング 112
2 社台レースホース 125
3 キャロットファーム 88
4 サラブレッドクラブ・ラフィアン 61
17 東京ホースレーシング 24
18 シルク 31
19 ロードホースクラブ 26
20 ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン 26
21 ウイン 18
26 セゾンレースホース 24
30 ターフ・スポート 23
38 グリーンファーム 16
40 友駿ホースクラブ 14
53 広尾レース 15
84 ローレルレーシング 14


続きまして、クラブ別の歴代活躍馬トップ10です


サンデー
1 ブエナビスタ 14億7,887万 スペシャルウィーク 2006 [西]松田博資 ノーザンファーム
2 ヴァーミリアン 11億6,861万 エルコンドルパサー 2002 [西]石坂正 ノーザン
3 ドリームジャーニー 8億4,797万 ステイゴールド 2004 [西]池江泰寿 白老ファーム
4 オルフェーヴル 8億1,898万 ステイゴールド 2008 [西]池江泰寿 白老ファーム
5 ローズキングダム 6億8,567万 キングカメハメハ 2007 [西]橋口弘次郎 ノーザン
6 デルタブルース 6億7,748万 ダンスインザダーク 2001 [西]角居勝彦 ノーザン
7 アイポッパー 4億7,297万 サッカーボーイ 2000 [西]清水出美 ノーザン
8 サカラート 3億8,024万 アフリート 2000 [西]石坂正 ノーザンファーム
9 スリープレスナイト 3億7,317万 クロフネ 2004 [西]橋口弘次郎 ノーザン
10 インティライミ 3億4,159万 スペシャルウィーク 2002 [西]佐々木晶三 ノーザン
社台
1 ハーツクライ 9億1,712万 サンデーサイレンス 2001 [西]橋口弘次郎 社台ファーム
2 ステイゴールド 7億5,430万 サンデーサイレンス 1994 [西]池江泰郎 白老ファーム
3 ネオユニヴァース 6億1,338万 サンデーサイレンス 2000 [西]瀬戸口勉 社台ファーム
4 ローエングリン 6億0,591万 Singspiel 1999 [東]伊藤正徳 社台ファーム
5 ダンスインザムード 6億0,201万 サンデーサイレンス 2001 [東]藤沢和雄 社台ファーム
6 リミットレスビッド 5億4,597万 サンデーサイレンス 1999 [西]加用正 社台ファーム
7 バブルガムフェロー 5億4,440万 サンデーサイレンス 1993 [東]藤沢和雄 社台ファーム
8 ローゼンカバリー 4億8,974万 サンデーサイレンス 1993 [東]鈴木康弘 社台ファーム
9 ジェニュイン 4億8,590万 サンデーサイレンス 1992 [東]松山康久 社台ファーム
10 テレグノシス 4億5,376万 トニービン 1999 [東]杉浦宏昭 社台ファーム
キャロット
1 トゥザグローリー 4億0,921万 キングカメハメハ 2007 [西]池江泰寿 ノーザン
2 ブルーメンブラット 3億4,954万 アドマイヤベガ 2003 [西]石坂正 ノーザン
3 ハットトリック 3億3,710万 サンデーサイレンス 2001 [西]角居勝彦 追分ファーム
4 ディアデラノビア 3億3,279万 サンデーサイレンス 2002 [西]角居勝彦 ノーザン
5 フィフスペトル 2億4,824万 キングカメハメハ 2006 [東]加藤征弘 白老ファーム
6 シーザリオ 2億2,830万 スペシャルウィーク 2002 [西]角居勝彦 ノーザン
7 アロンダイト 2億2,194万 エルコンドルパサー 2003 [西]石坂正 ノーザン
8 トールポピー 2億1,799万 ジャングルポケット 2005 [西]角居勝彦 ノーザン
9 アヴェンチュラ 2億1,635万 ジャングルポケット 2008 [西]角居勝彦 ノーザン
10 リアルインパクト 2億1,412万 ディープインパクト 2008 [東]堀宣行 ノーザン
ラフィアン
1 マイネルキッツ 5億4,884万 チーフベアハート 2003 [東]国枝栄 ビッグレッド
2 マイネルブリッジ 3億6,240万 ルション 1992 [東]伊藤正徳 日東ファーム
3 マイネルラヴ 3億1,070万 Seeking the Gold 1995 [東]稲葉隆一 海外
4 マイネルモルゲン 2億8,717万 Mt.Livermore 2000 [東]堀井雅広 松浦牧場
5 マイネルスケルツィ 2億8,179万 グラスワンダー 2003 [東]稲葉隆一 富田 恭司
6 マイネルマックス 2億6,900万 ブライアンズタイム 1994 [西]中村均 サンコウ牧場
7 マイネルアムンゼン 2億4,933万 ペンタイア 1999 [東]田中清隆 ビッグレッド
8 マイネサマンサ 2億4,365万 ディアブロ 2000 [西]中村均 小原 孝夫
9 マイネルネオス 2億3,370万 ステイゴールド 2003 [東]稲葉隆一 ビッグレッド
10 マイネアイル 2億1,836万 Candy Stripes 1998 [西]宮徹 海外
東京
1 レッドディザイア 3億4,938万 マンハッタンカフェ 2006 [西]松永幹夫 社台ファーム
2 イタリアンレッド 2億2,619万 ネオユニヴァース 2006 [西]石坂正 社台ファーム
3 レッドスパーダ 1億9,050万 タイキシャトル 2006 [東]藤沢和雄 下河辺牧場
4 ロールオブザダイス 1億6,369万 トワイニング 2005 [東]鹿戸雄一 社台ファーム
5 レッドデイヴィス 1億3,081万 アグネスタキオン 2008 [西]音無秀孝 ノーザンファーム
6 ユーワキングストン 7,567万 バブルガムフェロー 1999 [東]小林常泰 タガミファーム
7 フレンチノワール 7,296万 フレンチデピュティ 2005 [東]久保田貴士 社台ファーム
8 レッドヴァンクール 5,818万 クロフネ 2006 [東]鹿戸雄一 社台ファーム
9 ヘヴンリークルーズ 5,698万 ファルブラヴ 2005 [東]宗像義忠 社台ファーム
10 ユーワハリケーン 5,076万 Mt.Livermore 2003 [東]武藤善則 海外
シルク
1 シルクフェイマス 4億7,391万 マーベラスサンデー 1999 [西]鮫島一歩 早田牧場
2 シルクジャスティス 4億4,280万 ブライアンズタイム 1994 [西]大久保正陽 早田牧場
3 シルクメビウス 3億0,640万 ステイゴールド 2006 [西]領家政蔵 森本牧場
4 シルクネクサス 2億4,643万 グラスワンダー 2002 [西]岡田稲男 早田牧場
5 シルクプリマドンナ 1億7,080万 ブライアンズタイム 1997 [西]山内研二 早田牧場
6 シルキーラグーン 1億5,468万 ブライアンズタイム 2000 [東]池上昌弘 早田牧場
7 シルクフォーチュン 1億3,475万 ゴールドアリュール 2006 [西]藤沢則雄 中地 義次
8 シルクウィザード 1億0,516万 リンドシェーバー 2003 [西]鮫島一歩 千葉飯田牧場
9 シルククルセイダー 1億0,447万 キャプテンスティーヴ 2003 [西]領家政蔵 タバタファーム
10 シルクダッシュ 1億0,277万 スターオブコジーン 2001 [東]齋藤誠 早田牧場
ロード
1 レディパステル 3億9,690万 トニービン 1998 [東]田中清隆 シンコーファーム
2 ロードプリヴェイル 3億0,520万 Woodman 1998 [西]池江泰郎 海外
3 ロードフラッグ 2億1,190万 デインヒル 1997 [東]伊藤正徳 守矢牧場
4 レディルージュ 1億8,425万 ブライアンズタイム 2006 [西]安田隆行 ケイアイファーム
5 ロードクロノス 1億7,980万 トニービン 1995 [東]藤沢和雄 大樹ファーム
6 ロードプラチナム 1億7,270万 トニービン 1996 [西]伊藤雄二 ケイアイファーム
7 レディアルバローザ 1億4,937万 キングカメハメハ 2007 [西]笹田和秀 ケイアイファーム
8 ロードバリオス 1億1,560万 ブライアンズタイム 2005 [西]藤原英昭 ケイアイファーム
9 ロードマジェスティ 1億1,263万 ブライアンズタイム 2002 [西]山内研二 ケイアイファーム
10 ロードダルメシアン 1億1,175万 シンコウキング 1999 [東]伊藤正徳 シンコーファーム
ユニオン
1 マンハッタンスカイ 2億5,673万 マンハッタンカフェ 2004 [西]浅見秀一 カミイスタット
2 サマーウインド 2億3,252万 タイキシャトル 2005 [西]庄野靖志 槇本牧場
3 ルーブルアクト 1億9,494万 ラシアンルーブル 1988 [西]小原伊佐美 ヒダカファーム
4 イカルスドリーム 1億5,450万 アフリート 1996 [東]奥平真治 グランド牧場
5 メガミゲラン 1億5,335万 シェイディハイツ 1992 [西]小野幸治 白井牧場
6 ゴールデンメイン 1億3,925万 ラムタラ 2000 [西]新川恵 辻 牧場
7 クーヴェルチュール 1億2,778万 ブラックホーク 2004 [東]国枝栄 富菜牧場
8 サンドピアリス 1億2,740万 ハイセイコー 1986 [西]吉永忍 岡田牧場
9 ソリッドプラチナム 1億1,980万 ステイゴールド 2003 [西]田中章博 橋本牧場
10 ブリットレーン 1億1,285万 サクラローレル 1999 [東]松山将樹 昭和牧場
ウイン
1 ウインマーベラス 3億7,690万 サンデーサイレンス 1997 [西]森秀行 三城牧場
2 ウインラディウス 3億1,835万 サンデーサイレンス 1998 [東]藤沢和雄 三城牧場
3 ウインブレイズ 3億1,670万 メジロライアン 1997 [東]宗像義忠 ハクツ牧場
4 ウインバリアシオン 2億6,260万 ハーツクライ 2008 [西]松永昌博 ノーザン
5 ウインクリューガー 2億0,525万 タイキシャトル 2000 [西]松元茂樹 橋本牧場
6 ウインデュエル 1億6,743万 サンデーサイレンス 1999 [東]藤沢和雄 三城牧場
7 ウインジェネラーレ 1億6,720万 タマモクロス 2000 [東]国枝栄 中脇 満
8 ウイングランツ 1億5,574万 ダンスインザダーク 2000 [東]高市圭二 ノーザン
9 ウインセイヴァー 9,427万 アフリート 2001 [西]西浦勝一 長田ファーム
10 ウインディグニティ 7,789万 スペシャルウィーク 2001 [西]池江泰寿 ノーザン
セゾン
1 ドリームパスポート 4億6,079万 フジキセキ 2003 [東]稲葉隆一 白老ファーム
2 トップコマンダー 2億0,790万 コマンダーインチーフ 1997 [西]崎山博樹 鎌田 正嗣
3 ドリームゼニス 1億2,241万 マーベラスサンデー 2006 [西]西園正都 千代田牧場
4 ミスティックエイジ 1億2,155万 サンデーサイレンス 2001 [西]飯田雄三 乾 皆雄
5 ドリームバレンチノ 1億0,557万 ロージズインメイ 2007 [西]加用正 ビッグレッド
6 ドリームノクターン 1億0,296万 スターオブコジーン 2005 [東]齋藤誠 賀張中川牧場
7 ドリームクラウン 9,157万 コロナドズクエスト 2005 [西]中村均 へいはた牧場
8 ドリームシグナル 8,606万 アグネスデジタル 2005 [西]西園正都 コスモヴュー
9 コーナーストーン 7,386万 ダンスインザダーク 2004 [東]国枝栄 白老ファーム
10 フライングメリッサ 6,419万 ダンスインザダーク 2004 [西]鮫島一歩 白老ファーム
グリーン
1 ゴールドマウンテン 2億9,003万 フォティテン 1989 [西]佐山優 那須野牧場
2 ブラボーグリーン 1億8,367万 タイトスポット 1994 [東]栗田博憲 千代田牧場
3 セレクトグリーン 1億7,830万 Capote 1995 [西]音無秀孝 海外
4 クィーンスプマンテ 1億7,340万 ジャングルポケット 2004 [東]小島茂之 社台ファーム
5 パワーストラグル 1億1,587万 シンボリクリスエス 2006 [東]加藤征弘 田渕牧場
6 アースサウンド 1億0,970万 Yes It's True 2007 [東]和田正道 海外
7 グロリアスウィーク 9,683万 スペシャルウィーク 2003 [東]矢野英一 社台ファーム
8 ファストアズライト 8,998万 Hennessy 1999 [西]音無秀孝 海外
9 ジュエルオブナイル 8,175万 デュランダル 2007 [西]荒川義之 社台ファーム
10 グリーンプレジャー 7,524万 ホワイトマズル 1999 [西]五十嵐忠男 那須野牧場
友駿
1 タップダンスシチー 10億6,880万 Plesant Tap 1997 [西]佐々木晶三 海外
2 エスポワールシチー 6億9,104万 ゴールドアリュール 2005 [西]安達昭夫 幾千世牧場
3 サンフォードシチー 2億9,580万 ヤマニンゼファー 1995 [西]安達昭夫 八田牧場
4 キョウトシチー 2億2,200万 サッカーボーイ 1991 [西]中尾謙太郎 若林牧場
5 クラウンシチー 2億0,618万 マルゼンスキー 1990 [東]奥平真治 田中 茂邦
6 オペラシチー 1億7,227万 オペラハウス 2001 [西]佐々木晶三 北光牧場
7 パピヨンシチー 1億2,384万 チーフベアハート 2003 [東]相沢郁 カタオカファーム
8 タイラントシチー 9,163万 バブルガムフェロー 2000 [東]田村康仁 幾千世牧場
9 パラダイスシチー 8,869万 ウイニングチケット 1999 [東]平井雄二 競優牧場
10 レッドビームシチー 8,608万 ヘクタープロテクター 2002 [東]中野栄治 飯原牧場
広尾
1 オフィサー 1億6,929万 Fusaichi Pegasus 2002 [西]森秀行 白老ファーム
2 ブリッツェン 1億6,227万 スペシャルウィーク 2006 [東]二ノ宮敬宇 坂東牧場
3 スターリーヘヴン 1億4,655万 サンデーサイレンス 2000 [東]高市圭二 タイヘイ牧場
4 ペルフェット 1億1,053万 エリシオ 2000 [西]吉田直弘 千代田牧場
5 ファストロック 8,472万 Rock of Gibraltar 2004 [東]尾関知人 海外
6 ダンスウイザード 8,342万 サンデーサイレンス 1999 [東]宗像義忠 社台ファーム
7 フェイムロバリー 8,067万 ジェイドロバリー 2005 [西]小崎憲 三嶋牧場
8 プラチナメーン 8,016万 Cat Thief 2005 [西]森秀行 海外
9 ウェルシュステラ 7,856万 Zafonic 1999 [東]高市圭二 海外
10 ストレイラルホーク 7,016万 Silver Hawk 1999 [東]高市圭二 海外
ローレル
1 ローレルゲレイロ 4億9,172万 キングヘイロー 2004 [西]昆貢 村田牧場
2 カネツクロス 3億0,859万 タマモクロス 1991 [東]西塚安夫 カネツ牧場
3 カネツフルーヴ 1億6,300万 パラダイスクリーク 1997 [西]山本正司 高瀬牧場
4 ローレルロイス 1億2,299万 ジェニュイン 2000 [西]古川平 新冠橋本牧場
5 キルシュブリューテ 8,410万 マンハッタンカフェ 2004 [東]和田正道 対馬 正
6 ローレルアンジュ 6,947万 パラダイスクリーク 1999 [東]南田美知雄 ワールドファーム
7 ローレルレガリス 6,860万 キングカメハメハ 2006 [西]鶴留明雄 川島牧場
8 フィーユドゥレーヴ 6,842万 サンデーサイレンス 2001 [西]山内研二 高瀬牧場
9 ローレルデフィー 6,229万 ラムタラ 2000 [東]矢野照正 川島牧場
10 ローレルハンバーバ 5,716万 ジェニュイン 2003 [東]松山将樹 橋谷 折
大樹
1 タイキシャトル 5億9,710万 Devil's Bag 1994 [東]藤沢和雄 海外
2 タイキブリザード 5億5,090万 Seattle Slew 1991 [東]藤沢和雄 海外
3 タイキトレジャー 3億2,570万 Miswaki 1996 [東]藤沢和雄 海外
4 タイキマーシャル 2億1,800万 Dance of Life 1992 [東]藤沢和雄 海外
5 タイキシャーロック 2億1,180万 ジェイドロバリー 1992 [東]土田稔 大樹ファーム
6 タイキブライドル 1億8,590万 スリルショー 1995 [東]伊藤正徳 大樹ファーム
7 タイキエニグマ 1億6,214万 Rubiano 2001 [東]清水美波 海外
8 タイキポーラ 1億6,105万 トウカイテイオー 1996 [西]松元茂樹 大樹ファーム
9 タイキフォーチュン 1億5,830万 Seattle Dancer 1993 [東]高橋祥泰 海外
10 タイキヴァンベール 1億4,471万 Rubiano 2000 [東]田中清隆 海外


●調べてみて面白いのは

社台とサンデーで全く違うこと!
サンデーは2000年以降にもトップ10に食い込む活躍馬を輩出し新陳代謝ができてるのに
社台では、ほとんどがサンデーサイレンス直仔であり、2001年産が最新ということ。
これはサンデーサイレンスが偉大すぎたとも言えますが、その子孫や他の種牡馬の活躍馬が
それほど爆発してないんですよね。
勿論、重賞勝ち馬やGⅠ馬のマルセリーナなど<も出てますけど…。


●キャロットは2004年産以外、毎年のように活躍馬が出て、
しかもサンデー系、非サンデー系とうまいバランスです。

ラフィアンは全て非サンデー、マイナー種牡馬。
2003年以降、大きな活躍馬は出てませんが、GⅠでの2着馬など堅実に
意外と好走馬は毎年出ています。


●東京は、サンデー系4、非サンデー系6
2005年、2006年のリニューアル時期が宣伝効果を狙ってか、活躍馬が多いですね。
まだまだ当たりは出てくるかもしれません。

シルクはサンデー系2、非サンデー系8
さすがにシルクらしい、BTやグラスワンダーなどが強いです。
今後はこれらを塗り替える活躍馬が出てくるか!?
白老F中心にリニューアルしているので注目です。


●ロードは全て非サンデー系でした。
しかもトニービン3、BT3と、かつての御三家のSS以外という種牡馬としては古い部類なので
いずれ世代交代もあるでしょう。
11位にロードカナロア、12位にロードアリエスも控えてますが、いずれも非SS系でした。


以下、下位グループは参考までに掲載しておきます。



◆ちなみに出資では

シーザリオ、フィフスペトル、レディルージュ、オフィサーがランクインしていました♪
おそらく今後はどんどん抜かされちゃうでしょうけど…

逆にこれからの活躍馬も更に発掘したいものです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぼんちゃん
2012年01月20日 20:13
ふじさん、こんばんは☆
わーすごい量のデータで頭が混乱しそうですけど、自分なりに気がついたことを書かせてもらいますね。

まずは一番目立ったのは、社台。
ほぼ賞金上位馬がサンデーサイレンスなんですよね。
これは極端ですね・・ここでもロードのところで言ったように募集された割合とか値段のデータも必要ですが・・
社台ではローエングリンのファンだったのでSingspiel は注目しておりました。
アダムスピークはその意味でも私としては珍しく”血統”で注目していたんですけどねぇ。
ケチには高すぎる馬代金でございました

サンデーはクラブ名の割りに? サンデー系と非サンデーが半々みたいですが、社台と比べるとサンデーの子供世代の活躍が多いみたいですね。
ここらあたりは勢いの出た時期の違いかもしれませんが・・

キャロットも同じくサンデーの子分のような感じでデータ的には似ております。
トゥザグローリー がすでに歴代1位でしたかぁ。
どんだけ出資したいか悩んだことかって馬でしたが、同じ値段以下で4頭出資して、全滅した私です
GⅠ勝たずに歴代トップってのも不思議ですね。

長文になるので次にいきます。
ぼんちゃん
2012年01月20日 20:22
マイネルはやはりマイネルキッツが歴代1位でしたか。
私の目標のマイネルキッツのような馬を見つける!はかなわぬ夢みたいですけど。
チーフベアハートで出資したのはシルクジャーニーでございました
シルクティソナもマイネルロブストみたいなイメージで出資したのですが・・・最悪です
やっぱり活躍馬も私好みですね♪

ロードはやはり歴代10位全部非サンデーでしたね。
ここまで極端なクラブも少ないかと・・・・

何気にユニオンの父ハイセイコーに笑ってしまいました。
いつから活躍馬が出てないねん!って突っ込ませてもらいます

そうそうローレルゲレイロは私がデビュー前から馬名がめっちゃ好きで気になって応援していた馬でした。
トミーゲレロっていう人に当時注目していたんですよね。
それもあって昆厩舎は注目していたんですけどねぇ・・・・

種牡馬だけで言えば友駿も好みだったりします。
将来はやっぱり完全”非社台&非サンデー”出資を目指すとしますか
ぼんちゃん 3
2012年01月20日 20:31
あ、すいませんここでもまた、ふじさんがデータの解析を書く前にコメントを書いちゃったようです。
まだ記事の作成途中だったようですね、失礼しました。

しかしこういうデータ分析って楽しいっすねー♪♪
ふじさん
2012年01月20日 20:56
ぼんちゃん こんばんは

まずは、前回、ぼんちゃん指摘のあったSS、非SSの傾向を見たくて、調べてみました。
所属クラブだけにしようと思いましたが、せっかくなので主要クラブもまとめて載せたら膨大になっちゃいました…
見にくくてスミマセン。

さて、無理くり各クラブをトップ10だけにしましたが、社台は裾野が広すぎて、もっと活躍馬がいるんですよね、でも上位はサンデーサイレンスが占めているという本家ならではというか特殊です
質も値段も高く、SS募集頭数も多かったですもんね。

ローエングリンはおいらも注目していてファンでした。
ましてや、シーザリオ出資者にも縁の馬で、アメリカンオークス優勝した時の3着馬が母シンハリーズなので、繁殖牝馬になってからは一歩リードされちゃいました
それにディープ仔は高くて手が出ないですよね!

サンデーでは、サンデーサイレンス直仔がベスト10に入ってないのは意外ですが、まあ上手く後継が育っているというか、むしろ世代交代できて良いのかもしれませんね
キャロットもその恩恵に授かり、毎年のように活躍馬が出せてます。
仰るとおり、おいらもトゥザグローリー1頭とその他複数と天秤にかけて迷いに迷ったものです(苦笑)
GⅠ馬でなくともこれだけ活躍できれば十分元を取れそうですが、当時、一口30万はリスク高すぎですよね
大胆すぎるほどの采配というか勇気が欲しいものです…
Yuki
2012年01月20日 21:03
シルクは5位シルクプリマドンナと8位シルクウィザード、キャロットは4位ディアデラノビアと・6位シーザリオが元出資馬ですね。
元出資馬ながらシルクウィザードがラインインしているのが、なんだかなぁという感じですね。この賞金だとウチで言うと準OPのリーチコンセンサスと同じくらいですから、このレベルで8位というのは遺憾ですね。

しかし、ロードはかつての超高馬バブリークラブだった頃の馬が上位の中、レディルージュが食い込んでいるのは素晴らしいですね。

社台とサンデーが違うのは、以前のクラブ形態の差もあるのかなぁとは思います。
元会員ですから当然御存知でしょうが、今は社台F=社台RH&NF=サンデーRですが、10年くらい前までは社台RH=1軍&サンデーR(当時ダイナース)=2軍とはっきり分かれていましたので、もともとダイナースに活躍馬がいなかった部分もあるように思います。
まぁ、それを差し置いても罰点クラブの叩き出している成績は物凄いですね。
ふじさん
2012年01月20日 21:11
ぼんちゃんへ2

マイネルキッツが歴代1位の活躍でしたね。
それでも2003年産以来、トップ10入りしてないのですが、同じチーフベアハートのマイネルラクリマが重賞勝ちして、これから上位に食い込みそうです♪
シルクジャーニーもチーフベアハート仔でしたか、そしてマイネルロブストと同じ父ゼンノエルシドがシルクティソナですか。
なかなか育成も違うと同じようにいかないので難しいですね
マイネル軍団は種牡馬も厩舎もマイナーなのに活躍しちゃうところが凄いです(笑)

ロードは1頭くらいSSが入ってると思ったら全部非SSでした。

ホント、ユニオンの1986父ハイセイコーには思わず笑っちゃいます!!
早く新しいスター出て来~いって感じです

ローレルゲレイロは名前で気にいってたんですねー!
たしかにゲレイロあたりの活躍から昆厩舎が注目されましたねー。
ここの生産牧場の村田牧場と昆さんが親戚だったか知り合いで懇意にしてたようです。
以前、ローレルとターファイトに入ってた頃に昆厩舎にお世話になってましたが、30万の高額馬をたった1戦で引退させられちゃって、嫌いになりました

友駿も当たりとハズレの差が大きそうですねー
マイナー種牡馬ということで逆に馬選びは難しそうです…

まあデータだけでも、馬体だけでも、簡単に選び抜くことはできなそうですが、今後も活躍馬と巡り合うため頑張りたいものです
ふじさん
2012年01月20日 21:15
ぼんちゃんへ3

了解です♪
最初は解説なしで、データだけにしようかと思いましたが、それも味気ないかなーと後から付け足しました(笑)

それと途中で一旦、アップしておかないと途中で記事が全て消えちゃう時があるんで、ご迷惑おかけしております
ふじさん
2012年01月20日 21:33
Yukiさん こんばんは☆

Yukiさんちも、4頭が出資馬ランクインしておりましたか♪
何よりもオークス馬2頭というのが光りますね

たしかにクラブによって頭数やレベルも違うので、ランク外でももっと活躍してるのもあり、この金額でランクインしちゃていいの!?というのもありますね。
1億以上というハードルを掲げたら、かなり極端な数値が出そうです。

ロードでは2000年前後の高額馬や外国馬全盛の頃の活躍馬が占めてます。そんな中、レディルージュは重賞勝ちもしてないのに食い込んでいるのが素晴らしい
うちのルージュもですが、ディアデラノビアやシーザリオには繁殖しても頑張って活躍馬だしてもらいたいですね

そういえば、そうでした。社台入会した1995年頃はまだ社台とダイナースクラブで、エースのサンデーサイレンスやトニービンは社台のみの募集でしたねぇ。途中からサンデーに名前も変わり、募集馬もノーザンFから供給されるようになってました…、それがいつからだったかは忘れちゃいました…。

それにしても、こういうデータは1回だけでなく毎年、新しいものを頭に入れていく必要がありそうです。
そして新しい出会いも見つけていきたいものですね
Yuki
2012年01月21日 09:04
ダイナースからサンデーRに変わったのは2000年のようですね。
ダイナースの頃は完全に2軍レベルの馬を集めていたということもあって、おそらく賞金上位の馬と言ってもレッツゴーターキンやウィッシュドリームレベルになるようです。(ダイナースのG1馬はレッツゴーターキンだけかと思います)
昔はサンデーやトニービンなど一流種牡馬の仔は社台RH、その他の種牡馬の仔がダイナースという分け方で、ちょうど、2000年の直前数年の募集馬は、サンデーサイレンス産駒のロサードはノーザン生産でも社台RH、ホワイトマズル産駒のビハインドザマスクが社台生産でサンデーRとか、逆転現象を生じてました。(自分の知り合いの出資馬でしたが、ビハインドザマスクがダイナース時代なら2位相当の賞金でしょう。)

しかし、ロードは1億円レベルの募集価格の馬も多かったですし、それでこの成績では会員が激減したのも仕方がないという感じですね。
ランキング上位のクロノスやプラチナムでも募集価格からすると収支トントンかややプラスくらいでしょうか。
広尾・・・というかサウスニアもかなり厳しいですね。
ウインや大樹も含めて高馬路線で行ったクラブは、身売りを連発している状況ですし、よほどの結果を残さない限りは会員の支持を得られないのでしょうね。
はるぱぱ
2012年01月21日 10:30
こんにちは^^

皆さんほどながーいコメントはできませんが^^;
まずは、お疲れ様です

キャロもバランスよくいい感じですね♪

もう少しマイナーな種牡馬でも活躍してほしい気もしますが、マイナー種牡馬自体の活躍が少ないですししょうがないですね。

ワタシモ一頭位、ランクインする愛馬を見つけてみたい
ふじさん
2012年01月21日 13:10
Yukiさん こんにちは☆

たしか(2000年)その頃変わったかも…(苦笑)
当時の資料を引っ張りだしてみたところ、DCでは社台系以外の浦河などの牧場生産馬から30頭前後毎年提供されてました。それじゃあ滅多にスターホースも生まれるはずもなく、ましてやサンデーサイレンス直仔の募集もほほないのは当然ですねぇ
リニューアル後に募集されたサンデーTCでのSS仔はヴィータローザ、キングストレイル、ペールギュント、ローゼンクロイツなどで、いずれも11位以下でしたね。ビハインドザマスクは12位だったようです。

さてロードの高額馬ですが、どうやらクロノスやプラチナムあたりは募集が7~8千万だったこともあり、かろうじて2倍くらいは稼いでくれたようで、それより悪いのは、その後の時代の8~9千万くらいで募集されてる世代が元も取れてない状況のようです。
500口でも1口17万はしますから、出資するのは厳しいですね。
広尾もサウスニア時代は怪しいイワクつきの外国馬が多く魅力もリスクもあったわけですが、最近は悪い方向にリニューアルされ全く魅力も無くなりました。
ウインもプチリニューアル当時だけは良かったものの、その後は高飛車な経営方針も含め嫌われたようですし、大樹に至っては2~3回運営が変わってますし、すっかり落ちぶれた印象です。

あとはシルクが白老参入で、どれだけ今までの経営陣が意識改革できるかが鍵となりそうですし、東京もリニューアル直後のような活躍を今後も安定して供給続けられるかがポイントとなりそうですね。
会員が少なすぎるのも、かといって多すぎるのもまた課題は多そうです。
ふじさん
2012年01月21日 13:19
はるぱぱさん こんにちは☆

お疲れ様です。はるぱぱさんは皆さんと違ってキャリアも浅いですので、仕方ないと思いますよ。
Yukiさんは私と同じくらい15年以上選手ですし、ぼんちゃんは頭数も多くクラブも複数ですからね…

さて、キャロットは2000年産からノーザンFのバックアップを受けリニューアルしましたが、その翌年からハットトリックなど毎年のように活躍馬を出し順調ですね
ノーザンや白老がメインなのでマイナー種牡馬の提供というか募集も含め活躍は厳しい現状かもしれません…
むしろ人気にならない売れ残りでアルフレードやリアルインパクトのような当たりを見つけるか、或いは、
ロードやシルクに鞍替えして、マイナーを探すというのも手かもしれません

ちなみに私はシーザリオまで9年、頭数でいうと29頭目くらいかかってます。はるぱぱさんも運命の出会いあるといいですね!気長に地道に楽しんでください
Yuki
2012年01月21日 14:44
ダイナース→サンデーRへの移行の経緯としては、ダイナースクラブが外資系(シティバンク等)に買収された際に、外国人馬主の規制との関係で、新規にサンデーRを設立して移行したようですね。

クロノスやプラチナムは、賞金/募集価格では2倍くらいなのですが、(賞金-天引き分)/(募集価格+維持費)で考えると、11000万/11000万くらいの関係になるのかなと推測しました。詳細は出資者でないと分かりませんけどね。
ちなみに、弊厩舎でもG2を買ったのに大赤字になった出資馬がいます。(涙)

特にG1馬を引くというのは巡り合わせも大きいと思いますね。
自分なんかは、デビュー順で行くと6頭目、通算40戦目でG1勝ちでしたから、相当に運が良かったと思います。
ふじさん
2012年01月21日 15:41
Yukiさん こんにちは☆

移行の経緯の件、なるほど勉強になります。当時の会員にはそういう事情は一切説明されてないので…なんとなーく受け入れてました(汗)

クロノスやプラチナムについては、そうかもしれませんねぇ
実際の差引というか収支は厳密にわからないので、大雑把に判断してます(苦笑)
G2を勝っても赤字になっちゃったりするんですねぇ
あ、そうか高額馬だと回収しきれないんですよね

うちもGⅠ馬となると2005年のアメリカンオークス以来になります。ホント、巡り合わせが大きいですね!
チャンスはあるはずですが、たまたま資金が足りなかったり、たまたま抽選で落選したり、たまたま嫌いな厩舎だったり…(笑)
えーーっ、YukiさんはGⅠ馬(おそらくシルクプリマドンナ)は6頭目、通算40戦目ですかぁ{%ビックリ(チカチカ)
hdeco%}早いですねぇ!
うちは通算だと126戦目だったと思います(年数も経ってましたし)だいぶ時間がかかりましたから! 凄いです
今度は牡馬でのGⅠ制覇、体験してみたいですね