クラブ比較【シルク編】




ただデータを並べただけで、あまり役に立たないかもしれないシリーズ
第4弾はクラブを個別に比較してみました。

まずシルクです。

■過去5年の募集頭数と勝ち上がり率■

   2005年産、2006年産、2007年産、2008年産、2009年産の順

募集馬      68頭    69頭    59頭   50頭   42頭
平均募集金額 1,718万 1,587万 1,520万 1,481万 1,545万
平均総獲得賞金 938万 1,210万 865万 482万 175万
デビュー率    94.1%  91.3% 100.0%  92.0%  71.4%
勝ち上がり率   32.4% 18.8%  35.6%  26.0%   7.1%

※競馬の特性上、若い世代ほど成績関連の数値は低い傾向になります。
 2009年産の勝ち上がりは徐々に増えるでしょう。


■過去5年の勝利数と勝率■ ※JRAのみ

シルク  勝利 勝率
2007  32勝 5.5%
2008  39勝 6.2%
2009  30勝 4.4%
2010  42勝 7.5%
2011  31勝 6.6%


■2011年の前年比較■

2010年…芝16勝、ダ26勝
2011年…芝13勝、ダ17勝、J1勝


【厩舎】
      当年    前年
藤沢則 2 (4)
和田道 2 (2)
上原 2 (0)
大竹 2 (0)
高木登 2 (0)
田島良 2 (0)
野村 2 (0)
畠山吉 2 (0)
牧浦 2 (0)
尾形 1 (4)
池添 1 (3)
須貝 1 (2)
山内 1 (2)
岡田 1 (1)
松山将 1 (1)
粕谷 1 (0)
斉藤誠 1 (0)
鮫島 1 (0)
清水英 1 (0)
西園 1 (0)
牧 1 (0)
松田博 1 (0)
昆 0 (3)
松永幹 0 (3)
尾関 0 (2)
加用 0 (2)
領家 0 (2)
伊藤伸 0 (1)
小笠 0 (1)
奥平 0 (1)
北出 0 (1)
古賀慎 0 (1)
庄野 0 (1)
杉浦 0 (1)
土田 0 (1)
星野 0 (1)
増本 0 (1)
宮 0 (1)
計 31 42


【騎手】
当年 前年
秋山真一 3 (0)
中舘英二 3 (0)
横山典弘 2 (1)
佐藤哲三 2 (0)
柴山雄一 2 (0)
田辺裕信 2 (0)
小牧太 1 (4)
吉田豊 1 (3)
村田一誠 1 (2)
北村宏司 1 (2)
安藤勝己 1 (1)
岩田康誠 1 (1)
丸田恭介 1 (1)
柴田善臣 1 (1)
幸英明 1 (1)
石橋脩 1 (1)
川田将雅 1 (1)
藤岡康太 1 (1)
吉田隼人 1 (0)
蛯名正義 1 (0)
水口優也 1 (0)
宗像徹 1 (0)
渡辺薫彦 1 (0)
池添謙一 0 (3)
藤田伸二 0 (3)
松岡正海 0 (2)
松田大作 0 (2)
四位洋文 0 (2)
伊藤工真 0 (1)
戸崎圭太 0 (1)
勝浦正樹 0 (1)
大野拓弥 0 (1)
田中博康 0 (1)
武幸四郎 0 (1)
木幡初広 0 (1)
芹沢純一 0 (1)
江田照男 0 (1)
柴原央明 0 (1)
計 31 42


【種牡馬】
当年 前年
ジャングルポケット 4 (0)
マンハッタンカフェ 3 (5)
ディープインパクト 3 (0)
アグネスデジタル 2 (2)
ブライアンズタイム 2 (1)
ネオユニヴァース 2 (0)
マイネルラヴ 2 (0)
マヤノトップガン 2 (0)
ゴールドアリュール 1 (5)
グラスワンダー 1 (4)
デュランダル 1 (3)
キングヘイロー 1 (2)
プリサイスエンド 1 (2)
スペシャルウィーク 1 (1)
フジキセキ 1 (1)
アドマイヤドン 1 (0)
スターチュオブリバティ 1 (0)
ゼンノエルシド 1 (0)
フサイチコンコルド 1 (0)
アフリート 0 (3)
アグネスタキオン 0 (2)
ステイゴールド 0 (2)
アジュディケーティング 0 (1)
カリズマティック 0 (1)
コマンダーインチーフ 0 (1)
サクラバクシンオー 0 (1)
ゼンノロブロイ 0 (1)
チアズブライトリー 0 (1)
チーフベアハート 0 (1)
ノーリーズン 0 (1)
マーベラスサンデー 0 (1)
計 31 42


●傾向だけ載せて、対策がないわけで、
「これが走る!」という答えがないけど、参考までにお楽しみください。

特に2010産から、プチリニューアルして、大きく変わるかもしれないし、
体質が変わらないので、何も変化しないかもしれません…(笑)

暫く様子見したいクラブです。


※所属クラブではないので、大したコメントかけませんが、あしからず。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぼんちゃん
2012年01月22日 02:18
シルク、入会してまる7世代になりますがまた1頭も走る馬を見つけられていないです。

ずーっと前からシルクは関西のダート牡馬がよく走るんですよね。
シルクメビウス・シルクフォーチュンが代表でしょうか。
兎に角入会して以来、牝馬でまともに走った馬を見たことがないので、やはり牡馬を狙った方がいいかなって思います。
社台化でどれだけ変わってくるか分かりませんが、先に入った社台の馬で活躍したのもシュナイダー1頭だけなので、こちらもやはり関西ダート牡馬ってことになってます。

私も今までずーっとダート馬だからって避けていたものの、あまりに走らないので09年産はダート馬を中心に選びましたが、8頭出資して全滅という状況でほとほと参りました
ふじさん
2012年01月22日 09:40
ぼんちゃん こんにちは☆

もうシルク入会から7世代になりますかぁ。
ぼんちゃんちのシルクっ仔はシルクオールディを思い出しますが、あの仔も志半ばで引退しちゃいましたね

シルクは関西のダート牡馬のイメージでしたか…
自分がいた頃はまだBT、マーベラスサンデー、グラスワンダーが中心のラインナップでしたが、マル外とか新種牡馬とかに惹かれちゃってましたね(汗)

ぼんちゃんち09産はダート馬中心に選んだんですねー、まだまだ秋まで時間はありますし、これから頭角を現わしてくるかもしれませんよ、ダート馬は遅咲きも多いですしね

今までウイン、セゾン、東京、キャロなどどこも(ぷち)リニューアル1~2年目で活躍馬が出ているので、果たしてシルクの場合は良い影響が出るのか注目しています♪もちろん良くなってもらいたいと願ってますよ
Yuki
2012年01月22日 10:40
シルクの場合は、外野で見ていると分からない部分はあると思いますが、単一の要素ではなく複数の要素の集合体ですから、傾向を出すのは難しいと思います。
この2005年以降の集計期間中だと、「(1)旧早田系牧場の生産所有馬」「(2)シルク・阿部氏・半沢所有牝馬の仔」「(3)シルクのテナント牧場の馬」「(4)J社仕入れの馬」「(5)調教師主導でシルクがお金を払った馬」「(6)シルクが独自に仕入れた馬」「(7)JOY撤退によりシルクに回ってきた白老の馬」とこういう感じでしょうか。(4と5は同じようなものですが)
今のシルクの活躍馬で行くと、シルクメビウスは(5)、シルクシュナイダーは(7)、シルクフォーチュンは(2)に見えますが(5)に該当するかと思います。
シルクの会員だと、自然とこういうのは感覚的に身についてくるのですが、なかなか外野からは見えない部分かと思います。
割と上の分類で考えると、常識的にどこに当たりがあるか自ずと分かってくるのではないかと思います。
ちなみに上で白老の馬を(7)で分類してますが、今後入って来るノーザンの馬は趣旨が違うので別枠で考えるべきでしょう。(社台グループというのでごっちゃになってる人も多いですが)
ふじさん
2012年01月22日 11:27
Yukiさん こんにちは☆
シルクについての補足・解説ありがとうございます
なにしろシルクにいたのもシルキーガイアのデビュー直前の駆け込み出資から3世代(3年ぐらい)で、当時7~8つのクラブで首が回らなくなり、成績の悪いクラブを途中退会してしまったので(その中にシルク含む)、あまり内情も知らないんですよね

なるほど、最近、白老の馬をよく見かけると思ったのは、(7)の経緯によるものだったんですねぇ
外野的に見ていると、昨年の白老化(社台化)に伴い少しずつ、仕入れを開始していたのかと混同してましたもん…

とすると、最近の活躍馬メビウスとフォーチュンは(2)の調教師主導での仕入れだったわけですねなるほどです!

今後の仕入れの割合がどうなるのか、全くわかりませんが、少しは以前の牧場からの仕入もあるのか、社台系だけで95%くらいになるのか…?
注目していきたいと思います。
ちなみに昨年のパンフを2度ほど請求しましたが2回とも送って来なかったクラブのサービスというか体質は相変わらずだと思いました(笑)
ぼんちゃん
2012年01月23日 01:48
そうそう、シルクフォーチュンは調教師がセールで買ってきたって聞きました。
それでもフォーチュンは走ったけど、同じ調教師が次仕入れた馬は走ってないんですよね。
メビウスなんて、募集締め切り前に牧場で大絶賛だったし。。。。
いろんな情報調べ倒して、結局ダートっぽいし右前に不安があるからってんでヤメました。

私もジャパンホーストレードの馬も3頭も出資したし、シルクの当たりっぽいところも出資しましたが、全ーーー部失敗でした。
そのくせ走った馬は全馬注目しておきながら、最後に出資せずに好みで違う馬を選んでしまってるんですよね。
今年の3歳も既に同じ失敗しているようです★

今年の10年産は、キャロットのさらに棚落ちっぽいラインナップで、キャロットでも誰も選べていないので、ここから走る馬を見つけるのは至難の業だって思いました。募集価格もさらに上がりましたし・・
社台化でシルクに入会する人もあるようですが、私は今以上に墓穴を掘りそうで戦線恐々としております
・・・ってあまり関係ない話してしまいました
ふじさん
2012年01月23日 13:38
ぼんちゃん こんにちは☆
最近のシルクの仕入れ事情は知らないのですが、数頭は調教師主導でセリ購入もあるんですね。
ただ、それが全て走るとは限らないのが難しいところ…
いろんな情報やいろんなお勧めがありますが、所詮は生き物なので、順調にいかない部分もあり、まさに“博打”ですね

シルクにいた当時、おいらも迷走していて、いろいろ試しましたが3世代で1勝もできませんでした…

10年産からラインナップは変わりましたが、果たして育成やサービスなど全体的に向上するのか、暫く様子見して、再入会をするか検討していこうかと思います
なんとな~くですが、どこもリニューアル2世代目に“当たり”が入ってた気がしたので…(笑)