世界最終予選【女子バレー】

ニッポン3連勝!! 



女子バレーのオリンピック最終予選、5/19~5/27まで熱い戦いが繰り広げられています♪



画像
















出場メンバー12名決定

2、中道瞳(26/東レ/S)
3、竹下佳江(34/JT/S)
6、佐野優子(32/イトゥサチ=アゼルバイジャン/L)
7、山口舞(28/岡山/WS)
10、岩坂名奈(21/久光製薬/MB)
11、荒木絵里香(27/東レ/MB)◎主将
12、木村沙織(25/東レ/WS)
13、新鍋理沙(21/久光製薬/WS)
14、江畑幸子(22/日立/WS)
15、狩野舞子(23/ベシクタシュ=トルコ/WS)
16、迫田さおり(24/東レ/WS)
17、平井香菜子(28/久光製薬/MB)

●怪我を抱えるプリンセスメグ栗原恵、大友愛、井上香織らは落選。

昨年W杯はセンター大友・井上を欠き出番が回ってきた岩坂の大活躍、
同じ21歳コンビ(リサナナ)の新鍋の台頭など、駒不足ながらも新星誕生!
 秋からの伸びしろはなく、大砲不在かもしれませんが、
キャプテン鉄腕エリカ様。世界最小最強セッター竹下。スーパーリベロ佐野。
トータルバランスに優れた不死身の狩野舞子。不動のエース・サオリン。
もう一人のエース江畑。 忍者(くのいち)山口。滞空時間の長い迫田。
Mブロッカーの秘密兵器・平井。控えのセッター中道。
などなど役者は揃ったように思えます。
このメンバーなら1位通過も不可能じゃない!


新鍋理沙
画像



















岩坂名奈
画像



















狩野舞子
画像




















女子出場チーム

5月19日 土 19:00~20:54 フジテレビ系列 日本×ペルー
5月20日 日 19:00~20:54 TBS系列 日本×チャイニーズタイペイ
5月22日 火 19:00~20:54 フジテレビ系列 日本×タイ
5月23日 水 19:00~20:54 TBS系列 日本×韓国
5月25日 金 19:00~20:54 TBS系列 日本×キューバ
5月26日 土 19:00~20:54 フジテレビ系列 日本×ロシア
5月27日 日 19:00~20:54 フジテレビ系列 日本×セルビア


●この最終予選では1~3位での通過、或いはアジア最上位が
オリンピックへの絶対条件。
 序盤のペルー、チャイニーズタイペイ、タイなどは格下とはいえ、油断はできないし、
宿敵韓国は闘志むきだしで挑んでくるでしょうし、
最大のヤマ場は終盤の3連戦で、キューバ・ロシアは最近低迷しているとはいえ
かつての金メダル国ですし、セルビアは昨年のW杯で0-3と負けていますから、
どこも強敵には間違いありません。

できれば全部勝って勢いをつけて五輪切符を獲得して欲しい!

ガンバレ ニッポン♪



≪速報≫
5/19 日本×ペルー   3-0

山口  10p
岩坂  7p
江畑 11p
荒木  8p
木村 11p
竹下  0
佐野 リベロ
狩野  1p
中道  1p
迫田  1p


5/20 日本×チャイニーズタイペイ  3-0
●1セット目は硬さも見られサーブミスもあり、プロックもなく苦戦。
今日は山口、江畑だけでなく、木村も機能し始め頑張りをみせる。
2セット目からは竹下のブロックを皮切りに、山口、木村そして荒木のブロックで
相手を崩し、波に乗る。
また、今大会初出場となった平井、新鍋も得点し、ムードも高まる。
3セット目には迫田も存在感を見せ、狩野、新鍋らと共に得点を重ねた。
今日はお立ち台に上がったように、木村の21pと荒木のブロックが光った!
12名全員が出場し、それぞれの役割を果たし、いい流れができたと思う。

山口  5p
岩坂  1p
江畑  7p
荒木 10p
木村 21p
竹下  1p
佐野 リベロ
平井  3p
狩野  4p
中道  0
新鍋  4p
迫田  3p


5/22 日本×タイ   3-0

●一昨日、3-0でセルビアを破ったタイだけにフルセットも覚悟していたが、
日本のレシーブとブロックがタイを上回りストレート勝ち。
木村がマークされたりミスもあったりで、今日の主役は江畑。
もう一人のエースというより、完全にタブルエースに成長しましたね。
2戦目にサーブミスのあった岩坂も今日は復活、サーブp、ブロックpにと貢献。
平井も途中交代で、確実にポイント。
2枚替えでセット後半に登場の必勝パターンの狩野舞子もブロックで4pと好調。
これで中国・日本に次ぐアジア第3位のランキング国タイを撃破して、3連勝!

山口  7p
岩坂  4p
江畑 21p
荒木  3p
木村 16p
竹下  1p
佐野 リベロ
狩野  5p
中道  0
平井  2p


讀賣
画像













5/23 日本×韓国 1-3

●永遠のライバル韓国。対戦成績は五分ながら最近は連勝中で、
油断したわけではないけれど、韓国の意地とバワーと勝利への執念が勝っていた。
 日本はサーブに威力がなく、攻撃も単調で、木村に頼らざるを得なく、コンビバレーも機能しなかった。
終始韓国に主導権を握られ、絶対的エース キム・ヨンギョンを調子に乗せてしまうだけでなく、
第1セット序盤で投入されたキム・ヒジンを止められず、勢いづかせてしまった。
何かが足りなかったというより、何もかもが足りなかったのかもしれない、
同じ負けるにしても、もっと食い下がってフルセットまでもつれて欲しかったなぁ。
ただこの敗戦は無駄ではなく、今後の戦いや、オリンピックへの糧となるはず。

山口 10p
岩坂  6p
江畑 11p
荒木  6p
木村  16p
竹下  0
佐野 リベロ
平井  1p
狩野  0
中道  1p
新鍋  1p
迫田  4p


5/25 日本×キューバ  3-2

●1セット目は山口、江畑で得点するも、サントスのサーブで崩され
一時は17-23まで離されるが、そこから粘りに粘って木村のサーブも冴え
8連続Pで逆転。
2セット目も、サントスのサーブを攻略できず、走られたまま追いつけずセットを失う。
3セット目は、2セット終盤で投入した平井、迫田、新鍋が機能していたので、
そのままスターティングで起用。相手が迫田のバックアタックに慣れないまま、
新鍋のサーブ、木村のスパイク、平井のセンターも好調で、セットを奪う。
4セット目は、キューバの意地で、高さとサントスのサーブに苦戦する中、
23点まで追いすがるも、届かず、セットを失う。
もう後がない5セット目は、互いに譲らずシーソーゲームで、推移していき、
相手のミスにも助けられつつ、全員一丸となって、諦めない気持ちが勝利を呼び込む。
最後までハラハラしましたが、17-15でフルセットの末、4勝目をもぎ取った!

今まで控えに甘んじてきた平井、新鍋、迫田の頑張りに涙しそうになりました。
竹下の気迫溢れるレシーブにブロック、まさに“神”がかりなリベロ佐野も痺れますね。
 韓国戦では後手後手になった戦略も今日は先に動いて、采配もズバリでした。

山口  5p
岩坂  2p
江畑 10p
荒木  2p
木村 18p
竹下  1p
佐野 リベロ
平井  6p
狩野  1p
中道  0
新鍋  5p
迫田  15p


※独自に得点をカウントしていますので、詳しくは公式HPを参照ください


迫田さおり
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント