みんなの出資馬・勝利編

みんなの出資馬【勝利編】としてまとめてみました♪


2012年も、もうすぐ上半期終了です、ちょっと早いけど勝利一覧です。
今年も好調な方、今年は不調な方とそれぞれ様々だと思いますが
ご紹介させていただきます^^


1 むーたん 厩舎 ディアデラバンデラ シンボリクリスエス 藤岡康 角居 キャロット
2 むーたん 厩舎 アンビータブル ブライアンズタイム 岩田 安田隆 ロード
3 むーたん 厩舎 ロードアクレイム ディープインパクト 川田 藤原英 ロード
4 むーたん 厩舎 ヴィンテージイヤー メイショウボーラー 内田博 白井 ユニオン
5 むーたん 厩舎 レックスパレード ロージズインメイ 岩田 矢作 キャロット
6 むーたん 厩舎 ゴルトブリッツ スペシャルウィーク 川田 吉田 キャロット
7 むーたん 厩舎 キャトルフルフィーユ ディープインパクト デムーロ 角居 ロード
8 むーたん 厩舎 ゴルトブリッツ スペシャルウィーク 川田 吉田 キャロット
9 むーたん 厩舎 ハンターワディ バゴ 佐藤哲 佐々木晶 ユニオン
10 むーたん 厩舎 ロードアクレイム ディープインパクト ウィリアムズ 藤原英 ロード
11 むーたん 厩舎 フラムドグロワール ダイワメジャー 横山典 藤沢和 シルク

★ロード4勝、キャロット4勝、ユニオン2勝、シルク1勝、東京0
MTN48目指し42頭抱えるだけあって層が厚いですし、
出走が多ければ、勝利も多いっス。今年既に11勝♪



1 ぼんちゃん 厩舎 ロードオブザリング ホワイトマズル 池添 笹田 ロード
2 ぼんちゃん 厩舎 アンビータブル ブライアンズタイム 岩田 安田隆 ロード
3 ぼんちゃん 厩舎 ロードカナロア キングカメハメハ 福永 安田隆 ロード
4 ぼんちゃん 厩舎 ロードラディアント ケイムホーム 田辺 牧 ロード
5 ぼんちゃん 厩舎 ロードラディアント ケイムホーム 田辺 牧 ロード
6 ぼんちゃん 厩舎 キャトルフルフィーユ ディープインパクト デムーロ 角居 ロード
7 ぼんちゃん 厩舎 シルクアポロン タイキシャトル 松山 池添 シルク
8 ぼんちゃん 厩舎 ロードオブザリング ホワイトマズル 川田 笹田 ロード

★ロード7勝、シルク1勝、キャロット0、ユニオン0
BON48のセンターは不動のロードカナロアですが、やはりチームロード中心の布陣となりそう。
8勝のうち実に7勝がロードで占めてます。逆に言えば他がちょっと元気ですね。
夏の大攻勢で奮起したいところでしょう♪



1 マタさん 厩舎 レッドティムール シンボリクリスエス 蛯名 国枝 東京
2 マタさん 厩舎 レッドバビロン ネオユニヴァース 岩田 角居 東京
3 マタさん 厩舎 シルクアポロン タイキシャトル 松山 池添 シルク
4 マタさん 厩舎 シルクアーネスト グラスワンダー 池添 池添 シルク
5 マタさん 厩舎 ウイングドウィール シンボリクリスエス 田中勝 宗像 グリーン
6 マタさん 厩舎 レッドクラウディア アグネスタキオン 北村友 石坂 東京

★東京3勝、シルク2勝、グリーン1勝
今年は例年以上に好調だとか、オープン特別勝ちも複数で、
あとは久々の重賞勝ちが待たれるところでしょう。



1 ふじさん 厩舎 ピグマリオン ダイワメジャー ルメール 加藤征 キャロット
2 ふじさん 厩舎 アンビータブル ブライアンズタイム 岩田 安田隆 ロード
3 ふじさん 厩舎 ロードカナロア キングカメハメハ 福永 安田隆 ロード
4 ふじさん 厩舎 フェイルノート シンボリクリスエス 柴山 和田道 キャロット
5 ふじさん 厩舎 スターコレクション アグネスタキオン 浜中 藤原英 ロード

★ロード3勝、キャロット2勝
5ヵ月で5勝は例年並みの平均ペース
いつもなら安田厩舎と加藤征厩舎だけに頼っているものの今年は
他の厩舎の頑張りも見られ期待できそうです♪



1 Yuki 厩舎 ディアデラバンデラ シンボリクリスエス 藤岡康 角居 キャロット
2 Yuki 厩舎 レックスパレード ロージズインメイ 岩田 矢作 キャロット
3 Yuki 厩舎 オードゥルルド フジキセキ 秋山 平田 キャロット
4 Yuki 厩舎 プリュム ダイワメジャー 浜中 羽月 キャロット

★キャロット4勝
通算100勝を目前に足踏みしたそうですが、無事に100勝超えし、勝ち星をさらに加算。
2~3着と勝ちきれないもどかしさもあるようですが、順番は回ってくるでしょう。また、
今年の2歳は順調で早期始動、早期勝ち上がりも楽しめそう♪



1 高橋セワシ 厩舎 ピグマリオン ダイワメジャー ルメール 加藤征 キャロット
2 高橋セワシ 厩舎 ディアデラバンデラ シンボリクリスエス 藤岡康 角居 キャロット
3 高橋セワシ 厩舎 ウインミーティア アグネスタキオン 藤岡佑 梅田智 ウイン
4 高橋セワシ 厩舎 ウインジュビリー シンボリクリスエス 杉原 国枝 ウイン

★キャロット2勝、ウイン2勝、東京0、セゾン0、グリーン0
厩舎のエースであるトライアンフマーチとアヴェンチュラが放牧休養の今は
勢いも停滞しておりますが、駒は着々と揃いつつあり、逆襲の時を待つ。
セゾンやグリーンから東京にシフトした効果はそろそろ出始めるか!?



1 aya 厩舎 ピグマリオン ダイワメジャー ルメール 加藤征 キャロット
2 aya 厩舎 フェイルノート シンボリクリスエス 柴山 和田道 キャロット
3 aya 厩舎 レッドグランザ キングカメハメハ 四位 昆 東京

★キャロット2勝、東京1勝、社台0
現在は主力の放牧などで待機状態で今は我慢の時か。
素質馬多数なので戦力が整えば重賞制覇も近いはず。
ご一緒が多いので共に祝杯をあげたいですね♪



1 みいめい 厩舎 ディアデラバンデラ シンボリクリスエス 藤岡康 角居 キャロット
2 みいめい 厩舎 フラゴリーネ ディープインパクト 川田 矢作 キャロット
3 みいめい 厩舎 レッドクロス ブライアンズタイム 内田博 藤沢和 東京

★キャロット2勝、東京1勝、社台0
昨年絶好調ながら、今年はスローダウン
エース、フレールジャックやレッドデイヴィス、バトードールなどの復活が待たれる
ディープ仔たちも起爆剤となればさらなる飛躍も望めるはず



1 ヒロ 厩舎 ピグマリオン ダイワメジャー ルメール 加藤征 キャロット
2 ヒロ 厩舎 リアルアヴェニュー クロフネ 浜中 堀 キャロット

★キャロット2勝、セゾン0
なかなか勝ちきれない惜しい2~3着も多く、あと一歩なので
歯車が噛み合えば勝ち星も増えるはず
エース、リアルインパクトも復活の兆しで調子は上向き、これからだ♪



1 稲妻利一 厩舎 ホーカーテンペスト Hawk Wing 横山典 藤沢和 キャロット

★キャロット1勝
エース、フィフスペトルが今年は重賞戦線で戦って未勝利なのも影響してか
勝ち星は伸び悩み
マヒナの戦線復帰も待ち遠しいところ
次期エース候補は牝馬のジンジャーミスト!? 夏からエンジン全開で桜まで一直線♪



1 まっきー 厩舎 シルクレイノルズ スペシャルウィーク 大野 斉藤 シルク

★シルク1勝、キャロット0
産みの苦しみで今年まだ1勝、両目開かず
エース、スーブルソーとシルクファルシオンで勝ち星量産したいところ
6月7月の出走ラッシュは勝利ラッシュへ繋がるか!?
下半期からの巻き返しに期待♪



はるぱぱ厩舎

★キャロット0
出資頭数が少ないので、出走が少ないのは仕方なし
リズモア姉さん、ぶるーにゃ、アリスちゃん、そして2歳パーフェクトスコア

今年後半で勝利は必ずある!



以上、みなさんの出資馬の勝利一覧でした

みんな怪我なく元気に頑張れ^^

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

むーたん
2012年06月11日 00:27
ふじさん、こんばんは。

勝利馬の紹介、ありがとございます。
最近は、未勝利引退のお馬さんが少なくなり、頭数がだんだん増えてきていますので、勝利数も多くなりましたが、勝率などは、みなさんとほぼ同じだと思います。
できれば、重賞勝ちがもう少し欲しいところなのですが、ちょっと贅沢かな?

11年産は、出資数半減しようと思っていたのですが、カタログがきたら、また欲しくなっちゃうので、どうなるのでしょうか?

P.S
フラムドグロワールのお祝いありがとうございました。

ふじさん
2012年06月11日 07:46
むーたんさん こんにちは☆

どういたしまして♪実はいつも皆さんの勝利の内訳が気になっていてまとめてみました

なるほど未勝利引退が減って毎年の出資が変わらないと減りませんよね(笑)
で、勝ち星だけが増え続けるって、凄~い
正(勝利)のスパイラルじゃないですか
重賞勝ちがもっと欲しいって・・贅沢ですよぉ
11年産は・・どうなるでしょうね
ロードも魅力ですし、特にシルクなんて一発で勝ち上がり一番星を引き当てるんですから、流石です
ぼんちゃん
2012年06月11日 23:12
ふじさん、こんばんは☆
勝ち星のデータ、ちょっと恥ずかしいですが有難うございます
毎年出資しても出資しても未勝利引退馬ばかりで、頭数が一向に増えず、しかも現役馬が怪我ばかり という”負のスパイラル”のぼんちゃん厩舎です
頭数だけ似ていても、内容も雲泥の差、勝率もむーたんさん厩舎の半分ですからね。
1頭あたりの馬代金だけはうちとこがだいぶ下かもしれませんが・・・

毎年1頭あたりの平均が4万円を超えないように出資しているのですが、ほんと勝てない馬が多く勝ち上がっても頭打ちばかり。
かといってデータ的には高額馬は全滅で2000万円台までの馬が走っているってデータがあるので
どうしても500口で4万円ぐらい・・を目標にしてしまってます。
なんとか1頭でも活躍馬を引き当てたいのですが、2歳馬も14頭出資して、自分でこれは!って思える馬がいない現状
なんとか11年産は、せめて走りそう・・って思う馬だけに出資しなければ・・・と今は思っておりますがどうなることやら・・
ぼんちゃん 2
2012年06月11日 23:28
あ、それとデータを見て改めて気がついたんですけど8勝のうち7勝が非サンデー系なんですよね。
どうも今の怪我馬もほとんどサンデー系ばかりで、サンデー系で結果が出ていないのがずーっと悩みでしたが、やはり勝ち星も非サンデーが多いですよね。
これからはもっと非サンデーの割合を増やそうかな?

・・・といってもサンデー系に対抗できる非サンデーってどんな種牡馬だろ
ふじさん
2012年06月12日 09:38
ぼんちゃん こんにちは☆
なかなか自分のとこの馬が思うように勝てなかったり
絶好調なむーさんちの馬と比較されちゃうと切ない部分もあるかと思います…恐縮です
…とはいえ6月前半で8勝してるのは素晴らしい成績だと思います

たしかに、かたや正のスパイラルに対して負のスパイラルは厳しいですね
未勝利、引退、怪我、補強出資
なんとかこの悪い流れを改善できればコスパも良くなるのですが・・・難しいものです

生き物なので怪我や病気、性格や血統、育て方でも変わってくるでしょうし、頭数が増えればリスクもその分多くなるのも必然かもしれません。

うちの場合は出走の楽しみを減らしてでも出資を減らして改革したのですが、ぼんちゃんち決断が必要な時期に来たのかもしれませんね
ふじさん
2012年06月12日 09:46
ぼんちゃんへ2

そういえば、以前ロードが非サンデーの相性がいいと聞いたような…
あ、うちも去年は9割が非サンデーでの勝利でした

サンデー系に対抗できる非サンデー系といえば・・・
母父SSの非サンデー系では…!?
なんて答えになってない?
今ならキンカメぐらいでしょうけど、既にリーディングをディープに抜かれてますし、現実、厳しいでしょうね
ハービンジャーもワークフォースも爆発的とはいかないでしょうし、ウォーエンブレムも今やダートぐらいでしか存在感ありませんし・・難しいですねぇ
ぼんちゃん
2012年06月13日 20:43
ふじさん、こんばんは☆
返信有難うございます、そうなんですよね、うちの厩舎は出資しても出資しても、どの馬もすべてコスパも大幅マイナスばかりなので、”出資しない”が一番なんだと思います。
これだけただの1頭も走らない厩舎もどこを探してもないかと思います

怪我馬が増えたらつい追加出資しちゃいますが、到底最初から走りそうにない馬ばかりポチってますし。
今までの74頭の出資馬でも自分でいいって思って不安がなかった馬はほぼゼロに等しいんですよね。

あとは結果が出ているお仲間さんとかがお勧めの馬でさえ全部失敗しました。
自分が選べないから・・と思ってもさらに墓穴を掘っているというか(汗)
調教師大絶賛も私が選べば走りませんでした

拡張路線に変えてからのここ4世代、毎年壊滅的な状況に陥っているので期待していない(笑)10年産からあとはもう出資しないに限りますね。
負債も400万円超えたし・・・一口馬主ワーストワンかもしれません

ふじさんちは、縮小路線が成功しましたね
しかし・・切った馬たち、見事にそのあと走ってませんね。
いまだに間違えてふじさんちのお馬さんが走っているって思ってレース見てしまう時あるんですよね。
馬を選別する目?もあったのでしょうか・・・(ちょっと余談です
ふじさん
2012年06月13日 23:03
ぼんちゃん こんばんは☆

不思議なものでPOGであったり、出資も第一印象であったり、“走る馬”の見る眼はある ぼんちゃんなのに、いざ自分で出資するとなると裏目裏目で失敗してしまうとは・・
“走らない馬を選んでしまう”というよりも神様の悪意で、ぼんちゃんが出資したら何か操作してるのかも(笑)

必ずしも、ワーストワンではないでしょうし、他にもそういう方はいるでしょう。
それに、これだけ今までハズレを引けば、当たりも、そろそろまた出ると思いますよ

うちの縮小路線のその後ですかぁ
そうですね、大きな声では言えませんが、共同ということで、自分の100%の意見で選んだわけではないので…
そう言うと元ご一緒仲間の方に怒られちゃいますが…
ただ決して見切った訳ではないんですよね
ラフォルジュルネなんて連勝中の時で、次は重賞を狙う勢いのあった頃に手放したぐらいですからね…
きっと、たまたまです